本文へスキップ

0歳児からの石井式漢字指導とモンテッソーリ教育実践園

電話でのお問い合わせはTEL.096-362-1061

〒862-0949 熊本市中央区国府2丁目6番24号

保育内容program

一日の生活


( 本園)    ----------- 0歳児クラス ------------    (分園)
   
(本園)    ----------- 1・2歳児クラス ------------   (分園) 
   
----- 1・2歳児クラス(本園のみ) ----- ----- 3.4.5歳児クラス(本園・分園) -----
   

石井式漢字教育の実践

体験学習イメージ

平成10年度に、取り組みを始めた「石井式漢字指導法」、人見知りが始まる0歳児から自分の名前をしっかり認識し、識別できる子どもたちのの能力にはすばらしい可能性があります。「立腰(腰骨を立てて正しい姿勢で先生のお話を聞く態度を養うこと)」の大切さと、毎日10分間の漢字交じり絵本の読み聞かせと漢字遊びを通じて、集中力を養う事が本来の目的です。漢字を教えるのではなく、漢字で教える事を基本にしています。(漢字遊びを通じて自然に言葉を覚え、文字に興味を持ち、読み書きも自然に出来るようになります。)
 絵本に出てくる漢字を基に作ったフラッシュカードやことわざ等の他、四字熟語、俳句や百人一首の他、論語等も取り入れています。遊びながら正しい日本語に触れ、絵本や漢字に興味を持った子どもたちは自分で名前や文字を書いたり、絵本を読んだり、かるたをしたりと、どんどん自分で出来るようになってきます。漢字には、他の文字(かなやアルファベットやハングル文字)にはない素晴らしい特徴として一字一字その成り立ちに、表意文字としての意味があります。
 3歳までの子どもには目から見たものを、右脳で100%吸収できる能力があると言われています。成長し大きくなるに付け、人間は右脳より左脳を使って考えるようになると云われていますが、この大事な幼児期に、右脳にいろいろな情報をインプット出来れば、左脳よりも早く活性化することができるようです。小学校の上がっても、すべての学力の基本は国語力だと思います。幼児期は漢字遊びを通して言葉を覚え、正しい日本語の基礎をつくる大事な時期だと考えています。小学校に進んでも読書の好きな子どもに育って欲しいとの願いで0歳児から全クラスで取り組んでいます。


モンテッソーリ教育の実践

英語学習イメージ

【モンテッソーリ教育】(子どもの自立を高める保育
当園では保育の2本柱として、平成11年度より「モンテッソーリ教育」のための環境整備に取り組んでおります。日本の未来を担うのは子どもたちです。この子どもたちの可能性を最大限に伸ばすための教育法が、モンテッソーリ教育と云えます。
 この教育法の根本には、「子どもは、本来その内に自ら成長しようとする”内的生命力”を持っていて、その可能性を伸ばすためには、子どもたちの”自由”を最大限に保障しなければならない」という考えがあります。モンテッソーリは、子どもたちのために『適切に準備された環境』を整え、『自由な活動』を保障すべきであると主張しています。つまり、子どもたちの誕生の瞬間から出会う”環境”との出会いこそ、子どもたちの可能性を伸ばすために重要なものだと云えます。また、モンテッソーリは、『最適な時期の活動こそ真に子どもたちの精神的な糧になる』と述べ、この時期を”敏感期”と名づけ、各種の敏感期に対応した教具や教材を開発しました。

 このようなモンテッソーリの考えを基に、当園では、
 ● 幼児期の心理的特長である『敏感期』に対応した教具や教材を準備し、子どもたちの作業に取り組もうとする意欲を充たし 、自己教育力を促すことで、子どもたちの”じりつ”のための援助となる環境を整える。
 ● 子どもたちの”自己選択”を最大限に尊重し、人間関係の自由としての『縦割りクラス』を取り入れ、保育士は子どもたちの 成長の”援助者”としての立場を貫くことで、子どもたちの自由活動を最大限に保障する。
このスタンスを基本として、子どもたちが持つ無限の可能性を最大限に伸ばし、”じりつ”する力を高めていこうと考えております。





information

社会福祉法人 熊豊会
      きよめこども園

〒862-0949
熊本市中央区国府2丁目6番24号
TEL.096-362-1061
FAX.096-366-5090
E-Mail : mail@kiyome.info

きよめ子どもの家
〒862-0954
熊本市中央区神水1丁目19番9号
TEL.096-285-7206
FAX.096-387-6036